資料室

訪問診療とは

1.訪問診療とは

在宅医療サービスのひとつで、医師(主治医)が患者の自宅まで
定期的に訪問し診療します。

訪問診療の概要
診療方法患者宅(有料老人ホームの居室)へ定期訪問
(通常は月2回)
内容健康状態の確認
病状管理・処置
薬の処方
必要に応じて検査
専門的治療が必要な場合は連携医療機関への紹介
往診との違い医師が自宅に診察に来る点は同じですが、
往診が必要に応じて診察に来ることであるのに対し、
訪問診療は定期の診察を指します。
費用定期訪問については固定
ホーム案内に戻る

2.訪問診療の効果

訪問診療の効果
主治医訪問診療を受けるということは、主治医を選定することと
同義になります。
これにより、以後の療養を計画的に行うことができます。
状態把握訪問診療は”その時に具合が悪くなくても”定期的に診療を
受けられます。
これにより、その方の普段の状態が把握でき、異変が察知
しやすくなります。
薬の処方必要な薬剤が自宅で処方されますので、薬をもらいに病院へ
受診に出向く必要がなくなります。
随時往診容態に変化が見られる場合には随時往診が受けられます。
「在宅療養支援診療所」として登録している医療機関で
あれば、24時間365日体制での対応です。
ターミナル
ケア
(終末期)
容態が重度化した場合でも、在宅(有料老人ホーム)での
生活が継続できます。在宅でのターミナルケアは、主治医が
付いていることが必須条件です。

ターミナルケアについては終末期ケアをご覧ください。

3.当施設における訪問診療の考え方

訪問診療には上記の通り在宅医療サービスとしての利点があり、
有料老人ホームに入居する場合も同様の効果があります。
しかしながら、治療が必要な方や外出が困難な方をのぞいて、
自宅で訪問診療を受けられている方は決して多くありません。


訪問診療の選定について、鎌倉静山荘では次の通りとしています。


訪問診療に対する基本方針
基本方針訪問診療は患者と医療機関との契約であり、施設が特定の
医療機関を恣意的に斡旋することはいたしません。

施設は入居者様の日常を把握する立場として、訪問診療機関
と情報を相互共有し連携体制を整えます。
訪問診療機関の選定(1)すでに診療先医療機関が有る方:入居後も継続可能です。

(2)訪問診療を受けていない方:特に希望する医療機関が無い
 場合、連携先医療機関をご案内いたします。

(3)現段階で受ける意思が無い方:訪問診療は基本方針の通り
 であり、あくまでも任意です。
 ※
 ただし医療支援体制において訪問診療を受けられている方
 と比較した場合に、不足や不利益が生じることがある点を
 ご了承ください。
当施設の連携先医療機関はこちら